SIerからWeb系エンジニアに転職しました

新卒で入社した企業を1年半で辞め、Web系エンジニアに転職しました。
転職をきっかけに人生が楽しくなったので、よくある話ではありますが、誰かの行動のきっかけになったらいいなという気持ちで記事にします。


経歴と転職を決めるまでの経緯

文系学部を卒業後、新卒でSI企業に就職。1年目はほぼ研修のみで、Javaを使ってWebアプリをいくつか作成しながらプログラミングを学ぶ。
入社した年の秋にFEを取得したが、なんと学生時代に2, 3回落ちている。学生の頃は自力で適当にC言語に手を出したが、さっぱりわからないまま社会人になってしまったのであった。FEはゼロからITの勉強を始めた人が体系的な知識を身につける為にはちょうどいいものだったし、研修で学んだJavaの基本を復習するのにもよかったと思う。

会社での技術成績は悪く、エンジニア向いてないんじゃない?と親しい人からそうでもない人にまで言われ続けてきたが、それでもコードを書くのが好きだったのでメンタルがやられながらも勉強を続け、無事に現場へ配属されたのでした。

しかし現場ではJavaは全く使わなかったし、噂には聞いていたスクショペタペタ作業が続いたのが退屈すぎたので、転職を決意した。本当は研修の時点で周りの人間が不快すぎて転職も考えていたのだが、それはまた別の話。

なんでSIerに就職したの?

正直に申し上げると、就活中に業務理解したつもりでできていなかったんだと思いますw
昔からパソコンが好きだったし、大学3回生くらいの頃にプログラミングに興味を持ってちまちま勉強していたからIT企業で働きたかった。

ネットでSEとかSIerと検索すると「やめとけ」って記事ばかり出てきてどうすればいいんだ...と思いながら3回生の秋頃に東京へ行き、ベンチャー企業が集まる就活イベントに参加した。そこにはいろんな経験のある理系学生ばかりで、自分の居場所がない感じはしたが、せっかく関西から出てきたので企業の人たちから話を聞いてみることにした。

しかしやはり未経験からコード書きまくる仕事は(収入とか諸々考慮すると)難しいんじゃないかな、と助言される。その人自身も学生時代は未経験だったらしく、新卒では大きめの企業の子会社に入って学ぶだけ学んで、やりたいことができそうな企業に転職したとのこと。勉強しながら給料はそれなりにもらえるしコスパ良いよ、とのことだったので、そのやり方でいくことにした。 お金はある程度ほしかったからね、自分の力で生きていきたかったし。

で、精神面で苦労しながらも研修をやり遂げて、少しは現場経験も積んだ方がいいだろうと思っていたのだが、配属先では研修経験を活かす仕事はなく、ABAPという言語がある程度読めればそれでいいよって感じだった。
そもそも開発をやるのは主に下請けで、テストや資料作成、営業活動が社員の仕事だった。一応知ってはいたつもりだったが、それでも基本的にはコードを書くのが仕事なのだと思っていた。ここらへんが業務理解できていなかったな、と思った話。その他にはまぁ開発環境がアレだったことも厳しかったですね。SIer事情というものも理解していなかった。

転職活動の話

現場に配属されて1ヶ月半経った頃に転職エージェントに登録した。
対応が早いとの評判であったワークポートというエージェントを選んだ。選択としては結構良くて、登録した翌日に面談することになった。会社の人間や親に相談するわけにはいかなかったので、頼れるのはエージェントかTwitterの民、nippoで知り合った人くらいだった。助言してくれた人や密かに応援していてくれた友人にはすごく感謝してます。

幸い仕事が忙しくなかったので、定時に上がって書類を書いたり求人リストを見て応募したりしていた。エージェント経由だと本当に応募が楽で、面談後に職務経歴書と履歴書さえ提出してしまえばアプリで行きたい企業に応募ボタンを押すだけで交渉してもらえる。アプリのメッセージ経由の連絡に加えて電話が頻繁にかかってくるのはちょっと面倒だった...。

最初の頃はいい感じの企業を紹介してもらえたが、まぁ順当に落ちること。落ち込みつつも応募し続けるが、メンタルが弱ってくると条件がいまいちでも応募しておかないと...という気持ちになってしまい、今の会社を辞めることが目的だったっけ?っと迷走した時期もあった。

3週間くらい経って今のままじゃまずいな、と思い、Wantedlyにも登録してみた。
同時に、自分のスキルのなさに焦りを覚えてProgateRubyとか勉強し始めた。付焼き刃でしかないが、何も知らないよりずっと良いと思ったので。流行りの言語とかとっかかりやすい言語とか調べていて、元々興味あったのが一番なんだけども。

業務は6月半ばあたりから忙しくなってきたが、Wantedly経由の面談・面接も増えてきてバタバタしながら日々を送った。就活の時もそうだったが、面接は数をこなすと何を話すのが良いのかわかってくるので、後半の面接はそんなに苦にならなかった。ただ、未経験からWeb系エンジニアになろうとしていたので、自信なさげな感じはずっとあったかもしれない。主に給与面で強く言えなかったw

落ちたり選考が進んだり辞退したりしながら、転職活動始めて2ヶ月ちょいで内定を頂き、10月からそこで働いています。2ヶ月経ちましたが、毎日楽しく過ごしてます。


やってよかったこと

  • Progateで勉強
    環境構築なしで手軽に新しく言語を学べるのがとてもよかった。業務外も勉強するというのは当たり前なんだけど習慣化していた方がいいし、その方がエンジニア面接で話せることが増える。

  • nippoで日々の活動をアウトプットしていたこと
    大したことは書いていなかったけど勉強記録だったり面接の所感とか残してると、転職経験のある人からアドバイスがもらえてありがたかった。それに、ひっそりと様子を見守ってくれている人がいることが心の支えだった。やっぱり転職って不安だからね。

  • 希望年収は遠慮しすぎないこと
    最初は自分もできなかったんだけど、かなり大事だと思う。
    ポテンシャル採用枠狙いでしかなかったから、最初は当時の年収より下がっても構いませんとか言ってた。転職エージェントにもその方が採用率は上がるからそれをオススメしますって言われたけど、それはあちらも採用してもらうのが仕事だからなぁと。未経験からエンジニアに転職系の記事は結構見てきたけど、給与下げてでも転職したいって人は少なくなかったし、仕方ないとは思うんだけど。本当に人を欲していて、人を大事にしようとしてる企業はそれなりに出そうとはしてくれるんじゃないかな。

    ここだけの話、「希望年収は現職と同じくらいもらえたらありがたいですけど、下がっても仕方ないと思ってます」と言ったら「いやいやテンション下がっちゃうでしょそれwちゃんと言っといた方がいいよw」って面接の時に言ってもらえた。希望は通って採用された。
    まぁこの件に関しては運がよかっただけ説はあるけど、自分のことを低く評価してしまうのはもったいないと思う(自分に言い聞かせている)。どのくらい頑張ってるのかを一番知ってるのは自分だろうからね。


やればよかったと思うこと

  • もっと早く好きな勉強を始めるべきだった
    転職活動前は前職でやれることを増やす為に無理やり簿記の勉強とかやってて、転職決意してからも地味に続けていたんだけど、正直身が入らなかった。結局体調崩して不受験だったし。まぁ無意味ではなくて、前職の業務理解がちょっと楽にはなったけど、辞めるつもりならそこは捨ててよかった気もする。

  • 何か作っておけばよかった
    せっかく長い期間Javaを勉強していたんだから、簡単なものでも作っておけばよかった。それだけで転職活動も少しは楽になってたと思う。てかまぁ一回やるぞ!!!ってなったんだけど、会社でメンタルがめちゃくちゃになったこともあって休日に寝るか泣くかしかできなかった期間もあってマジで何もできなかった。情けない話。

  • 相談してみればよかった
    友達に相談するというのがめちゃくちゃ苦手なんですよね。頼りになる人はたくさんいるんですけど。1人で抱え込んで何とかなる時はなるけど、時間はかかる。人に相談して行動選択が増えるなら、何でも話してみた方がいい。それが身近な人なのか、ネットでやりとりしてる人なのかはどっちでもいいと思う。運良くnippoとかTwitterで気にしてくれた人がいたから、苦しい時も頑張れたなぁと私は思ってます。


転職活動そのものについて

転職そのものは勧めるものでもないとは思うけど、転職活動を通して自分を知るというのは良い経験になる。これに関してはめちゃくちゃ良い記事がある。 starhoshi.hatenablog.com nippoで知り合ったstar__hoshi氏の記事なんだけど、何度も読ませてもらった。業務中に。

転職というと職場環境が変わり最高 という話もあるが、
それとは別に 転職活動という行為それ自体 が自分自身にとって大変良かった。

転職活動をすると、自分の市場価値を図ることができる。

  • 現時点の自分の価値は果たしてどれだけのものなのか?
  • 自分が培ってきたスキルや仕事への姿勢などは、他社ではどのように評価されるのか? という 現実 を知る良い機会になる。

これは本当に正しいと思う。転職活動という経験そのものがよかった。

今の職場の話

冒頭で述べた通り、毎日楽しく過ごしてます。

1ヶ月半は勉強期間として業務時間にHTML, CSS, Haml, Sass, JavaScriptあたりを好きに学ばせてもらい、レビューしてもらったりした。慣れてきたので2週間前くらいから業務に入ることになり、チームで楽しく仕事している。コードを書いたり修正したりするのも楽しいし、ChatWorkやGit、Backlogを使って仕事をするのが前職に比べると快適すぎてストレスなく過ごしている。

開発部の人たちもマイペースにワイワイ(?)やれていて、良くも悪くも自由に働ける職場に来たなぁという感じ。ちらっと述べた前職にいたような変な人間がいるわけでもないので、とても居心地が良い。

最後に

詳細は省くけど、前職はとにかく精神的につらいことが多かった。お金をもらっているからそんなもんなんだと思って耐え続けていたけど、自分にとって何が一番大事なのかはつらいときにこそ考え直してもいいんじゃないかなと思う。

「仕事」なんだからしんどいのが当たり前、と言う人も世の中にはたくさんいると思う。
その人はそうやって働いてきたのかもしれないし、そうするべきだと思っているのかもしれない。でもそれはあくまでもその人の人生であって、自分の生き方は自分で決めて良い。それが上手くいこうが失敗しようが、受け止めるのは全部自分であることには変わりないんだから。

私はどうせやるなら何でも楽しくやりたいし、我慢ばかりするとメンタルが死んでしまうので、楽しく生きていけそうな環境を選ぶことを優先した。失ったものもいくつかあるけど(前職のでかいボーナスとか)、長期的に見ればきっと良い選択だったんだろうなと思ってる。もう既によかったと思ってるけどね。

これからも楽しく生きていくために、楽して生きていくために、頑張り続けたいなと思います。
めちゃくちゃ長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。